海外移住

【海外生活】いざという時の為に「在留届」を忘れずに提出しましょう!

海外での快適な生活中に思わぬ事件や事故などに巻き込まれたらどうします?

在留届ってなに?

海外での大規模な事故や際材とうが発生した場合には日本大使館、日本領事館は日本人被害者の有無を確認して必要な支援を行います。この時に日本大使館や領事館は日本人から提出をされている「在留届」から住所や連絡先を確認して安否確認を行います。

「在留届」は海外生活において非常に大切な情報となりますので3ヶ月以上滞在する

第16条 旅券の名義人で外国に住所又は居所を定めて3月以上滞在するものは、外務省令で定めるところにより、当該地域に係る領事館の領事官に届け出なければならない。

在留届の提出方法

以前は日本大使館もしくは日本総領事館から在留届用紙を窓口でもらって記入した用紙を提出する必要がありました。

めんどくさいですよね。

今はインターネットからORRnetと呼ばれる在留届電子届出システムから在留届を提出することが出来ます。

ちなみにORRはOverseas Residential Registrationの略なんですって。

ORRnetに登録する方法

まずはORRnetのサイトにアクセスします。サイトの一番下にある「在留届を提出する」をクリックします。

プライバシーポリシーをよく読みましょう!

プライバシーポリシーを読み終わったら「同意する」をクリックして次に進みます。

メールアドレスを登録します。普段よく使うメールアドレスがいいと思います。

登録が完了すると「メールアドレス確認結果のお知らせ」メールが届くのでメールに記載されている本登録用URLをクリックします。

ログイン用のパスワードを設定します。

海外での移住先「地域」「国または地域」「州・県・省等」の情報を入力します。

「氏名」「生年月日」「性別」など各項目を入力していきます。1分もあれば入力は全て終わる内容です。

同居している家族がいる場合はページ下にある「家族追加」ボタンから追加する事ができます。

全ての入力が終わった後に「確認」ボタンをクリックして登録完了です。

ORRnet(在留届電子届出システム)はこちらから

帰国した時はどうなるの?

帰国する時や住所や連絡先の変更があった時には、在留届を提出した日本大使館もしくは日本総領事館に変更の提出をする必要があります。

在留届って海外生活にはとっても重要な情報になるので必ず提出を行ってくださいね!