Items & Service

成田空港でRIMOWAの修理ができるエアポートサービスカウンター

日本への帰国もそうなんだけど、日本以外の国へもインドネシアに住んでから東南アジア圏のシンガポール、タイ、ベトナムなどの出張の回数が増えました。海外出張の時に欠かせないものと言ったらスーツケースですよね。

自分へのご褒美で購入したRIMOWAのスーツケースがこちら。

やっぱりRIMOWAカッコいいですよね。

僕が使ってるモデルはRIMOWA TOPASの98L。

当時、インドネシアに持っていくものも多かったので、容量は大きめのサイズです。日本からインドネシアに帰る時は日本食とかインドネシアでは買えないものをいっぱい詰めていきます。

すぐにボコボコになるですけどね(笑)

まぁボコボコもちょっとレトロ感があるし、使い込めば使い込むほどカッコよくなって愛着も湧くんです。使えば使うほどボコボコになってよりカッコよくなっていきます。

そんなカッコいいRIMOWAのスーツケースなんですけど、壊れやすいパーツがあるのも有名ですよね。特にキャスターとか。

いつかはキャスターの修理とか必要になるんだろうな。って思ってたんですが、ついに壊れました。しかも、あんまり壊れたって話を聞かないレアな箇所。

この部分です。前回、インドネシアに帰った際に詰め過ぎたのか、荷物をしっかり固定するバンドの部分が取れてしまいました。

荷物もしっかり固定出来ないし、早く修理をしたいなってずっと思ってインドネシアとかでもRIMOWAの修理出来る場所を探していたんですけど、修理する場所もよく分からなったんで、帰国の際に修理できないかな。っと探しているとRIMOWAエアポートサービスカウンターを発見!

https://www.jalabc.com/rimowa/

成田国際空港第2旅客ターミナル到着ロビー1階にサービスカウンターがあるらしく、成田空港に到着してから早速、寄ってみました。

ちょっと薄暗い感じの通路の方ですが、到着ロビーから南口の方へずっと向かいます。

到着ロビーを出てから左手の方です。

他のサービスカウンターよりも少し小さくわかりづらいですが、右側を見ながら歩いているとRIMOWAエアポートサービスカウンターがあります。

受付の人がすぐに壊れた箇所を聞いてくれて、部品の在庫の確認をすると修理に取り掛かります。修理をしている間に製品番号などの記入をしていると5分もしないうちに修理が終了。

早い!さすが日本のサービスクオリティー!

しかも、料金を聞くと0円!

こんな便利なサービスがあったなんて全然知らなかったです。

保証期間中だと思われますので料金は要らないとのことでした。修理をするパーツで料金も変わるかもしれませんね。

RIMOWAは一生もので使えるスーツケースなんで、帰国の際に小まめにメンテナンスをRIMOWAエアポートサービスカウンターで行っていくのもいいかもです。