海外送金

TransferWiseの登録と使い方を詳しく解説!【格安手数料】

海外送金をする時に一度は聞いた事のあるTransferWiseの海外送金サービスの使い方やメリットについて説明していきます。

この記事を読むことでTransferWiseの特徴やメリットとデメリット、実際に利用した人の口コミも知る事もできます。TransferWiseを使う前に是非、参考にしてみてください。

TransferWiseとは

今までは日本から海外に送金をする時にはオンラインバンクなどから手続き行って、海外送金をしている人がほとんどではないでしょうか。海外送金をする時にやはり気になるのは手数料ですよね。通常、銀行経由では通常の国内に送金するよりも高い手数料が発生します。

TranserWiseは今までの高い海外送金手数料を安くする事をミッション掲げた2011年にエストニアから誕生した海外送金サービスです。

そんなに前からサービスが展開されていたのは驚きです。

エストニアのサービスになりますが、既に日本語の対応されているので英語が苦手な方でも安心してください。

TransferWiseの仕組み

なんでTransferWiseを使うと海外送金手数料が安くなるの?って思う人も多いと思います。今度はTransferWiseを使う事で海外送金手数料が安くなる仕組みを説明していきますね。

まずはTransferWiseのオフィシャルの動画があるので、一度、観てみてください。英語ですが字幕があるのですぐに理解が出来ると思います。

ざっくりとTransferWiseの仕組みを理解出来ましたか?

TransferWiseの新規登録と使い方

TransferWiseがどれだけ便利なサービスかわかったところで実際にTransferWiseに登録をして実際に使ってみましょう。

会員登録に必要なもの

TransferWiseに会員登録するには本人確認の為にマイナンバー、パスポート、運転免許証等の本人確認書類が必要になります。

会員登録する前に手元に準備をしてくださいね。

TransferWiseに会員登録する時に必要な本人確認書類の準備が出来たら、TransferWiseのサイトにアクセスします。

ページを開いたら右上にある「会員登録」をクリックします。

ここでアカウントタイプ(個人もしくは法人)、メールアドレス、パスワード、移住国の必須項目も入力していきます。

取扱い通貨と送金可能な国

現在、TransferWiseは59カ国以上の国に海外送金をする事が出来ます。世界には196カ国ありますが、主要な海外の国への海外送金には対応してるんではないでしょうか。

もしもTransferWiseに送金したい国が対象外だった場合は、メールでリクエストすれば対応してくれるかもしれません。

TransferWiseのメリット

海外送金手数料が安い

TransferWiseは銀行の海外送金に比べると、海外送金手数料が圧倒的に安いです。

TranserWiseのサイト内で他の銀行や海外送金サービスとTransferWiseで海外送金をした時の手数料を比べてみました。

ここでは新生銀行、SMBC、Paypalが表示されました。

 

TransferWiseの海外送金手数料が安い理由は独自の国内送金を活用した仕組み

年間費が無料

TranferWiseは年会費はかかりません。アカウントも無料で開設する事が出来ます。まずはアカウントを開設してみてもいいかもしれません。

TransferWise評判と安全性

Twitterの反応